探偵を雇って浮気を調べたことが相手にバレることはあるの?

浮気調査を探偵に依頼する際、ひとつ心配なのは調査がばれてしまわないかという点ですよね。
浮気調査が途中でばれてしまうと、様々なリスクが生まれます。

・夫婦関係修復が難しくなる
・離婚裁判のための証拠集めが困難になる
・証拠不十分で浮気を認めてくれない

一番困るのがこの3つですね。
これでは関係を修復することも、有利に離婚することもできなくなってしまいます。

でも、プロに依頼したのにばれてしまうなんてことがあるのでしょうか。
高いお金を出して依頼したのに、ばれてしまったら意味がありませんよね。

なぜ調査がばれてしまうのか

プロに任せれば安心!
と思っていたのに、ばれてしまった…
そんな経験をしている人は、残念ながらいます。

でも、ばれるにはばれるだけの理由があるのです。
ばれる理由は、探偵事務所側の事情と依頼者側の事情の2つの原因があります。

探偵事務所の事情

探偵事務所側の事情でばれてしまうというのは、単純に技術的な問題です。
通常2〜3人体制で調査に当たるのが一般的ですが、
中には1人で調査を行うという探偵事務所もあります。
そういった事務所に依頼してしまうと、どうしてもばれるリスクが高まります。

また経験の浅いアルバイト調査員をたくさん雇っている事務所、
カメラや無線などの機材が充実していない事務所なども、
慎重な捜査をすることができずにばれてしまう可能性があります。

依頼者側の事情

依頼者側の事情でばれてしまうというのは、依頼者の行動に問題があります。
たとえば調査していることを匂わせる言動をしたり、
浮気を疑うような素振りを見せたりというのが原因です。

また、過去にも同じように探偵に依頼して浮気調査をしたことがある場合や、
自分自身で尾行などをして調査をしていたという場合は、
ターゲットの警戒心も強いためにばれやすくなってしまいます。

ばれないためにできること

探偵での調査がばれないという保証は100%ではありません。
でも自分次第でばれない確率を上げることはできるはずです。
次の3つのポイントをしっかりと頭に入れ、
確実な調査ができるような努力をしていきましょうね。

探偵事務所を吟味する

調査能力の低い探偵事務所を選んでしまうと、
どうしても「ばれる」「証拠が集まらない」などのリスクが高くなります。

そこでできるだけ探偵事務所を吟味することが大切です。
気にしたいのは次の5つのポイント。

・業務年数が長い(老舗事務所)
・ある程度大手の事務所で従業員も多い
・確実な調査実績がある
・2〜3人体制で調査してくれる
・最新機器を取り揃えている

こういったポイントは、無料相談のときなどにチェックすることができます。
見ただけではわからない場合でも、聞けば教えてくれたりもするので
きちんとチェックして優良事務所選びをしましょう。

言動に気を付ける

調査を行っているときは特に言動に注意が必要です。
普段通りでいることは当たり前ですし、余計なことは言わないようにします。
浮気を疑っているという疑念を持たれないように細心の注意をしていきましょう。

また多くの浮気調査の場合、定期的に中間報告があります。
つまり証拠はまだ集まっていないけれど、
浮気の事実だけは発覚するという状況も多いのです。

その時、浮気の事実を知って動揺し、挙動不審な態度を取ってしまったり
怒りに身を任せて相手を問い詰めたりしてしまうことで、
調査途中でばれてしまう事も多くなります。

調査を依頼したのならば、最後まで冷静にいられるように努力していきましょう。

過去に調査をしたことを隠さない

依頼者の中には、過去にも調査を依頼したことを隠してしまう人がいます。

何度も浮気されていると思われたくない…
何度も浮気調査を依頼して恥ずかしい…

そう考えるのはわかりますが、正確な情報を調査員に伝えていないことで
失敗につながってしまう可能性があります。

初めてで何の疑念も抱いていない人と、
何度も調査されていて警戒心の強い人とでは、
調査員の心構えも違ってきます。

依頼する以上は、きちんと過去の情報も公開して、
確実な調査につながるように心がけていきましょう。

ページの先頭へ戻る