不倫だった場合は相手パートナーからも慰謝料を請求されてしまうの?

パートナーの浮気が発覚して、その浮気相手に慰謝料を請求する。
これは浮気された側として当然の権利です。

既婚者と交際をしていたという事は、浮気相手にとっては不倫していたという事で、
法律でも不倫は慰謝料請求の対象になります。

でも慰謝料請求できる条件は、相手も同じだって知っていましたか?

ダブル不倫にご用心!

パートナーが浮気していて、その相手が独身だった場合、
慰謝料請求は滞りなく行えます。

ところが、相手も既婚者のダブル不倫だった場合どうなるでしょうか。
こちらが慰謝料請求するのと同じように、
相手のパートナーから慰謝料請求をされてしまう可能性もあります。

ダブル不倫の構図

まずはダブル不倫という関係の構図について知っておきましょう。
ダブル不倫とは、既婚者同士の不倫のことを言います。

通常の不倫とは違うのは、お互いに結婚していてパートナーがいるという点。
つまり浮気されている被害者も2人出てくるというものです。

たとえばAくんとBさんの夫婦、CくんとDさんの夫婦がいたとして、
AくんとDさんが肉体関係を持った場合、ダブル不倫の出来上がりです。

この場合、BさんとCくんという二人の被害者がうまれます。
そしてそのどちらにも慰謝料請求をする権利が与えられるのです。

ダブル慰謝料請求の落とし穴

ダブル不倫をしていた夫婦が、どちらも離婚すると決めた場合は、
慰謝料請求について深刻に悩む必要はありません。
慰謝料の請求は不倫をした人にするものであり、その配偶者は関係ないのですから。

でもきっぱり離婚するとは限りませんよね。
関係を修復していく夫婦も多いでしょう。
この場合、慰謝料請求は配偶者にも関係してきます。

慰謝料の支払いをパートナー1人でできない場合も多く、
家庭の貯金を使わなければならないという結果になってしまう可能性があるのです。

浮気相手にカッとなって慰謝料請求したのはいいけれど、
逆に相手にも慰謝料請求されてしまった…
これがダブル不倫に起こりやすい慰謝料請求の落とし穴なのです。

ダブル不倫はどうすればいいの?

パートナーの浮気が発覚し、その相手が既婚者だった場合、
どのような対処をすればいいのでしょうか。

慰謝料請求はしない

浮気相手が既婚者だった場合、勢いで相手への慰謝料請求をするのはとても危険です。

もちろん相手にも非はあるので、責任を追及したいのは山々ですが、
離婚をせずに関係を修復していくという場合は慰謝料の請求をしないというのもアリでしょう。

示談で済ませる

正式に慰謝料請求してしまうと、浮気相手のパートナーにも浮気がばれてしまう可能性が高くなります。
ですから浮気相手だけを呼びつけて、示談で済ませるという方法もあります。

浮気相手としても自分の家庭は大切なので、浮気の事実を公開したいとは考えていません。
ばらされずに済むのならと、示談金を了承する人も多いのです。

ただし、この場合は大した金額を請求できないので注意が必要です。

金額の差を利用する

慰謝料の計算は、それぞれの状況によって変わってきます。

婚姻年数や子供の有無、経済状況、上下関係(同じ職場の上司と部下など)
有責性(どちらから誘ったのか)など、様々な要因が絡んでくるので、
同じ不倫をしていたとしても、慰謝料の金額が違う場合があるのです。

その状況から考えて、こちらの方が多く慰謝料を取ることができると判断できた場合は、
慰謝料請求をしてしまうというのも一つの手でしょう。

ただしこの場合はきちんと弁護士に依頼して、正式な請求をするのが絶対条件。
適当な請求では認められずに、逆に損をしてしまう可能性があります。

ダブル不倫の慰謝料請求は泥沼…

パートナーの浮気がダブル不倫だった場合、その慰謝料請求は泥沼化してしまうことが多くなります。
たとえばこちらは慰謝料請求せずに示談で済ませたというのに、
その後相手のパートナーが浮気に気づき、慰謝料請求してくるなんてこともよくある話です。

ただでさえ浮気で関係が壊れかけている夫婦が、さらに慰謝料請求で揉める…
まさに泥沼化することは言うまでもありません。

ましてや自分たちの力で何とかしようと思ったら、並大抵の精神力ではもちません。

パートナーの浮気がダブル不倫だと分かった場合、
早い段階から弁護士に相談するのが一番かもしれませんね。

ページの先頭へ戻る