風俗や出会い系での一回限りのSEXでも浮気になるの?

浮気の捉え方は人それぞれ。
たとえば、他の異性と2人で食事に行っただけでも浮気とみなす人もいれば、
風俗までは許せるという人など、様々な意見がありますよね。

でも法律で認められる浮気というものは、しっかりとした定義が決まっています。
法律が認める浮気、それは「肉体関係の有無」
肉体関係があれば浮気と認められ、なければ浮気にはならないのです。

では一夜限りのSEXはどうでしょうか。
もちろん肉体関係があったのは事実なので、浮気と認められるはずなのですが、
裁判では認められないこともしばしば…

なぜ一夜限りのSEXは認められないのでしょうか。

一夜限りのSEXが認められないワケ

一度でも浮気は浮気!
それは浮気された側の当然の主張ですよね。

でも法廷では認められないこともあるんですね。
その理由を見ていきましょう。

立証が難しい

浮気を法廷で認めさせるためには、それなりに証拠が必要です。
ラブホテルに入っていく写真や、愛人宅に長時間滞在している証拠など、
肉体関係があった事実を証明しなければなりません。

ところが一夜限りのSEXは証拠をつかむことが困難、というよりほぼ無理です。
せいぜいメールでのやり取りが残っている程度でしょう。

これでは不貞行為を働いた証拠とは言えず、法廷では認められません。

精神的ダメージが少ない

浮気を理由に離婚したい場合、浮気によって精神的に大きなダメージを受け、
夫婦として継続していくのが難しいと判断されることで成立します。

ところが一夜限りのSEXでは、相手に特別な感情を抱いているわけでもなく、
さらには長期にわたって不貞行為を繰り返しているわけではないので、
精神的なダメージはさほど大きくないと判断されてしまうのです。

一夜限りのSEXは、誰でも起こり得るミスとして処理されることが多くなります。

風俗や出会い系サイトは認められるの?

では風俗や出会い系サイトを利用しているというのは、浮気と認められるのでしょうか。
これは専門家でも意見が分かれる分野。
過去には認められた事例もありますが、基本的には認められることは難しいかもしれません。

風俗が認められないワケ

風俗は性的なサービスを提供しているのだから、不貞行為に当たるのでは?
誰でもそう思いがちですよね。

でも日本の法律では、基本的に風俗店での本番行為は認められていません。
つまり風俗店を利用していてもSEXはしていないと考えられるのです。
さらに風俗店は娯楽施設であるため、ただの遊びだと判断されます。

先ほども説明した通り、法律では継続した肉体関係の有無が最も重要視されるので、
風俗に行ったからと言って浮気とはみなされない可能性が高いのです。

ただし風俗などを利用して、自由恋愛という名目でSEXが行われている場合、
確信できる証拠を提出すれば認められることもあるようです。

また最近ではオーラルセックスでも肉体関係とみなされることが一般的となってきたため、
ヘルスやデリヘルでも浮気と認められることも稀にあるようです。

風俗店を利用しておいて浮気じゃないなんておかしい!
と憤る人も多いですよね。
でも浮気として認められなかった場合でも、他の理由で離婚が成立する場合もあります。

たとえば風俗通いが頻繁すぎて、家計を圧迫する金額を使用している場合や、
風俗をやめると約束したのにやめてくれなかったなど、
浮気とは別の理由で離婚が認められるケースも多くあるのです。

出会い系サイトは浮気?

出会い系サイトを利用しているという事自体は浮気には当てはまりません。
異性と知り合って、チャットやメールでやり取りしているだけでは、
肉体関係を持っているわけではないので当然です。

またメールなどで性的な会話や、裸体写真の交換などをしていたとしても、
これも浮気とは認められません。

浮気として認められるのは、出会い系サイトで知り合った異性と実際に会ってSEXをした場合。
これは立派な不貞行為に当たります。

ただし先ほど説明したように、一度限りで終わった場合は浮気として成立しない可能性が高くなります。
出会い系サイトで知り合った相手と、継続的にSEXを繰り返しているという場合のみ
浮気と認められると考えるのが一般的でしょう。

ページの先頭へ戻る