浮気相手に慰謝料請求ができない時があるって本当?

パートナーに浮気をされてしまった場合、その浮気相手に慰謝料を請求することができます。
この慰謝料請求は、離婚するか離婚しないかに関わらず、
浮気の再発防止のためにしっかりと行っておきたいことですよね。

でも中には慰謝料請求ができないケースもあります。
浮気をされたのに浮気相手に慰謝料請求できないケースとは、
いったいどのようなケースなのでしょうか。

浮気相手に慰謝料請求できないケース

そもそも浮気相手に対する慰謝料は、貞操権侵害による精神的苦痛に対して支払われます。
この貞操権侵害に値しない浮気の場合は、浮気相手に慰謝料請求はできません。

では貞操権侵害に値しない浮気とは、具体的にどのようなケースなのでしょうか。

結婚していることを知らなかった場合

パートナーが浮気相手に対して、婚姻の事実を隠していた場合、
つまり既婚者だと知らずに付き合っていた場合は貞操権の侵害には値しません。

ただし、この場合は既婚者である事を知らなかった証拠がきちんとある場合に限ります。
同じ職場で働いていたり、同級生や旧友などの場合は、この理由は認められません。

婚姻関係が破たんしていたり、別居していた場合

もともと婚姻関係が破たんしていたり、別居しているときに起こった浮気の場合、
民法の不貞行為には当たりません。
つまり貞操権も発生しないため、慰謝料の請求はできません。

ただし、この浮気が原因で婚姻関係が破たんしてしまっていたという場合は、
婚姻関係が破たんする前からの不貞行為が立証できれば慰謝料請求も可能です。

風俗嬢への慰謝料請求

風俗での浮気は、なかなか不貞行為と認められることが少ないですが、
まれに認められたとしても風俗嬢への慰謝料請求はできません。

風俗嬢が既婚者だと知っていたと立証するのは難しいことですし、
そもそもお客としてサービスしていただけのことなので、貞操権の侵害には値しません。

脅迫や暴力による関係

パートナーが浮気相手に対して、脅迫や暴力などで肉体関係を強要していた場合、
もちろん浮気相手には慰謝料請求ができません。

ただし中には慰謝料を逃れようとして、
「脅迫された」「暴力を振るわれた」と嘘の供述をするケースもあります。
実際に脅迫や暴力があったのかどうか、しっかりと確認する必要があります。

確実な慰謝料請求のために

実際に慰謝料請求ができないケースがあるのは事実ですが、
多くの人がそれを利用して嘘の供述で慰謝料を逃れようとします。

嘘か嘘でないかを見破るためには、やはり浮気調査をしっかりと行うことが大切です。

二人で仲良くラブホテルに入っていく写真があれば、「強要された」と言っても通じませんし、
密会しているときの写真で結婚指輪をしていれば、既婚者だと知らなかったという嘘も通じません。

確実な慰謝料請求をするためには、まず確実な浮気調査を行っていきましょう。

ページの先頭へ戻る