プロの探偵による浮気調査はどんなことをやるの?

浮気調査は探偵に任せておくことで、確実な証拠集めができると言いますが、
自力で行う調査方法とプロが行う調査方法とでは、どれほどの差があるのでしょうか。
実際にプロがどのような調査を実施しているのかを確認していきましょう。

尾行

浮気調査の基本ともいえるのが尾行です。
浮気の証拠を集めるためには、いつどこで誰と会うのかが非常に需要であり、
それを把握するためにはターゲットについて回る必要があるのです。

探偵が行う尾行は、ほとんど2〜3人体制です。
一定間隔で交代することでターゲットに気付かれることなく長時間尾行することができます。

もちろんターゲットが急に方向を変えた場合でも、
複数のスタッフがいれば臨機応変に対応できます。

また、尾行は徒歩だけではありません。
ターゲットが来るまで移動する場合、車で尾行するという場合もあります。
この場合も2〜3台の車両やバイクを駆使して行うのが一般的です。

車両尾行はとても高度な技術を必要とします。
ばれないためにある程度間隔を取って尾行する方法や、
急な方向転換でも臨機応変に対応する判断力などは素人には真似できません。

張り込み

浮気の調査では、ラブホテルや愛人宅に出入りしているところの写真が必要です。
そのため、ターゲットが出てくるまで張り込みするというのも基本中の基本。

探偵は常に2〜3人体制で調査をしているので、出口が複数ある場合でもしっかりとチェックできます。
また交代でトイレ休憩や食事休憩などを取ることもできるので、
長時間の張り込みでも見逃す確率が低くなります。

また長時間の張り込みには時間的な余裕も必要です。
自力で張り込もうと思っても、なかなか自分の生活を犠牲にするわけにもいきません。
やはりここでもプロと素人では大きな差が出てきます。

写真撮影

浮気の決定的な証拠となるのが、浮気をしている現場を抑えた写真です。
法廷で浮気の証拠として認められるためには、
本人であることがしっかりとわかるくらい鮮明なものが絶対条件。
そのためには精度の高い機材や、高度な写真技術が必要になります。

家庭用のデジタルカメラでは、ズームで撮影すると顔がぼやけてしまったり、
車内から窓ガラス越しに撮影すると反射してしまったりなど、
うまく撮影できないことがほとんど。

でも探偵は最新の撮影アイテムを駆使し、高い技術力で確実な写真を収めてくれます。

下調べや細々とした調査

尾行や張り込みは、証拠集めの最終的な段階。
それ以前にも細かな下調べを行い、確実な証拠を集められるように手配してくれます。

たとえばターゲットの社内での行動や浮気相手の行動パターンなど、
細かい下調べも念入りに行ってくれます。

基本的な調査方法を確認してみましたが、
やはり自力で調査を行うのはとても大変なことだという事がわかりますね。
確実な証拠集めのためにも、プロに任せてしまう方が安心です。

ページの先頭へ戻る