「セックスレス」を放置しないで!

浮気の原因として上位にランクインする「セックスレス」

長年夫婦をやっていたり、妊娠・出産をきっかけに、
夫婦のセックスがおろそかになるのは仕方のないことかもしれません。

でもセックスレスを放置しておくことは、浮気を推奨するようなもの。
セックスがなくても愛がある…なんてロマンチックな夫婦でいられればいいですが、
現実にはそうはいかないみたいですね。

実際に民法でも、長期間のセックスレスが原因で浮気した場合、
不貞行為とは認められないケースもあるほどなんです。
今回はセックスレスと浮気の関係性についてみていきましょう。

セックスレスが浮気につながる原因

セックスレスが一直線に浮気につながるなんて考えたくもありませんが、
セックスレスが浮気の原因となる理由はたくさんあるんです。

それは性欲だけの話ではなく、感情的にも本能的にも関係のある話。
なので男女かかわらず、浮気に発展する可能性があります。

性欲を満たす場がない

セックスレスで一番に思い浮かぶのは、性欲とのつながりですよね。
特に男性は、性欲が行動を左右してしまいます。
なので夫婦間で性欲を満たすことができないとなると、
当然別の女性を求めるようになります。

また最近では女性も性欲を重視する「肉食系女子」が増えてきています。
夫との間で性欲を満たすことができなければ、
他の男性で満たそうとするということは十分に考えられますね。

愛されていない不安感

男女の関係は、やはり愛情が大切です。
付き合っていた時や新婚のころなどは、
セックスによって愛が深まるというのを痛感していたはず。
ところが時間が経つにつれて、いろいろな理由でセックスを拒否することもでてきます。

こうしてどちらかが拒否することでセックスレスが始まってしまうと、
拒絶された方は愛されていないのかと不安になってしまいます。
その不安を埋めるために他の異性に愛を求めるようになってしまうのです。

本能的な関係性

人間は理性のある動物とは言われていますが、やはり動物であることに変わりはありませんよね。
どんな動物にも存在する、子孫を残すという本能があるのは確実です。

ところがセックスレスになってしまえば、その本能を満たすことができませんよね。
もうすでに子供がいるという人でも、子孫を残すという本能が消えてなくなるわけではありません。
自分では気づかないうちに、子孫を残したいという本能が働いてしまうことも考えられます。

動物の本能の部分から考えても、性欲を満たすということはとても大切なことだといえますね。

ホルモンとの関係性

人間は体と体で触れ合ったり、セックスをすることで、色々なホルモンを分泌しています。
このホルモンは、相手をより愛おしいと思うために必要なもの。

セックスレスで触れ合いがなくなることで、こういったホルモンの分泌も減少し、
相手を慈しんだり、大切に思う感情が薄れてしまいます。

セックスレスを改善するために

セックスレスを改善するために
「さあ、今からセックスをしよう!」と意気込んでも
簡単に始められるものではありませんよね。

セックスはお互いの同意がないとできないことですし、
セックスレスの年数が長ければ長いほど、きっかけを失ってしまうものです。

そんな時は焦らずボディタッチから始めてみましょう。
相手の体を触るだけでも、相手との距離は縮まります。

話している最中に、何気なく相手に触れてみたり、
冗談でもいいので抱き着いてみたりなど。
できそうなことから始めて、徐々にセックスに近づけるようにしていきましょう。

また、少し変化を見せるのもいいかもしれません。
少し色気のあるファッションをしてみたり、香水などで香りの演出をしてみたりなど、
もう一度セックスしたいと思わせるテクニックも有効的です。

浮気を未然に防ぐためにも、セックスレスを深刻な問題として受け止め、
放置しないで改善していく努力をしていきましょう。

ページの先頭へ戻る