浮気する人はどんな気持ちなの?

浮気するという事は、自分の存在はどうでもいいのか…?
浮気するパートナーに対してこんな不信感を抱くのは当然の心理です。

でも浮気しているからと言って、配偶者や家庭を大切に思っていないというわけではありません。
浮気される人には到底理解できない感情が、浮気する人には当然のようにあるのです。

基本的に、浮気する人と浮気される人とでは、物事に対する考え方が180度違います。
まずは浮気する人の気持ちについて理解してみましょう。

浮気する人の気持ちって?

浮気する人のすべてが当てはまるわけではありませんが、
多くの人に共通する考え方をピックアップしてみました。

浮気する男性の気持ち

浮気する男性は、浮気相手に次のようなものを求めます。

・性欲
・ドキドキ
・やすらぎ

これらを求めて浮気に走ってしまいますが、
浮気相手に愛情を注ぐという人は多くありません。

つまり、浮気はしているけど、妻を愛しているという状況になるわけですね。

浮気された妻からすれば、他の女性とセックスしているのに、
自分を愛しているという意味が分からない…
と悩んでしまいますが、男性は愛情と性欲が必ずしも一致しない生き物です。

また、女性の数は男のステータスと考える人も少なくありません。
浮気もできないような男は情けないと思っているんですね。
妻を愛しているけれど、男を誇示するために浮気をするという考え方もあります。

浮気する女性の気持ち

女性の浮気は男性とは違い、感情的な面が大きくなります。

・愛されたい
・必要とされたい
・嫉妬してほしい

このような感情を満たすために浮気している人がほとんど。
その根底には必ずと言っていいほど夫の存在があります。

夫に愛されない分、他の人に愛されたい。
夫に必要とされていないから、他の人に必要とされたい。
夫に嫉妬されたい…。
など、夫があってこその浮気なのです。

男性同様、浮気しているから夫を愛していないというわけではありません。
むしろ妻の浮気が発覚することで、逆に夫婦仲が良くなるというケースも多く、
妻の満たされない心に夫が気づくことができる場合もあります。

浮気する人の気持ちになって…

浮気されて悲しい思いをしてしまうと、
裏切られた不信感を抱えてしまいますよね。

もちろん、浮気されることはとても辛いことです。
どんな理由であったとしても浮気することは最低の行為です。

でも、もしも浮気する人の気持ちを少しでも理解できていれば、
自分は大切にされていないのだろうか…
などと悩むことも減るはずです。

浮気した相手を恨むことばかりを考えるのではなく、
相手の立場に立って冷静な判断を下せるようになりたいですね。

ページの先頭へ戻る