浮気(不貞行為)の定義は?

浮気というのは、どこからどこまでの異性関係を指すのでしょうか。
どう感じるのかは人それぞれですよね。

たとえば異性と二人きりで会っただけで浮気と感じる人もいれば、
異性と出かけるだけなら浮気としない人、
風俗を利用することは浮気と思わない人など、色々な考え方があります。

でも民法における浮気には、はっきりとした定義があります。
もしも浮気を理由に離婚や慰謝料の請求をしたいと思うのならば、
まずこの定義について知っておかなければなりません。

浮気ではなく不貞行為

民法では浮気のことを浮気とは言わず、不貞行為と表現します。
これは婚姻関係にある男女には貞操義務がある事から、
その貞操義務を犯すような行為という意味でつけられています。

つまりどれだけ異性間のトラブルがあったとしても、
貞操義務を犯す行為でなければ、浮気とは認められないという事です。

不貞行為の定義とは?

では民法における不貞行為の定義とはどのようなものなのでしょうか。
それは肉体関係の有無です。
民法では不貞行為=肉体関係というのが大前提なのです。

ただ、それだけで不貞行為の定義を定めることができません。
その他にも細かい決まりごとがあるのです。

自由意志の有無

不貞行為=肉体関係と言っても、すべての肉体関係が不貞行為に当たるわけではありません。
肉体関係の種類のよって、不貞行為に当たるものと当らないものがあります。

その種類を判断するために定められているのが、自由意志についてです。
自ら望んで肉体関係を持ったという事が、不貞行為には欠かせない条件なのです。

よって、強姦・脅迫・強要などのような、自分の意志に反した肉体関係は、
不貞行為の定義から外れることになります。

肉体関係の回数

不貞行為の定義には、肉体関係の回数も関係してきます。
たった一度の過ちでも、肉体関係はあるのですが、
貞操義務を犯したとまでは言えず、不貞行為の定義から外れることがあります。

ただし、中には一度の肉体関係でも不貞行為として認められた判例もあります。

異性である事

不貞行為の定義に当たるのは、必ず男女の関係のみです。
浮気と言っても、相手が同性であった場合は、不貞行為の定義には当てはまりません。

浮気による離婚は証拠が命

浮気されたことが原因で離婚したいと考える場合、
不貞行為の定義に当てはまっているかどうかが重要です。
そしてそれを証明するためには、確実な証拠が必要になります。

パートナーが不貞行為の定義に当てはまる行為をしたという証拠、
つまり「配偶者以外の異性と複数回にわたり肉体関係を持っていた」という証拠が必要というわけです。

自分でこの証拠を集めることはとても困難なこと。
この場合は探偵などのプロの手を借りて、確実な証拠集めをしていくことが大切です。

ページの先頭へ戻る