離婚する?それとも関係を修復したい?あなたが望むゴールは…

夫婦の関係を一変させてしまう浮気問題。
浮気調査を行うにあたって、一つ気を付けておかなければならないことがあります。

それは浮気発覚後のゴール地点。
浮気発覚後のゴール地点によって、調査中に行うべきことが全く違います。

後から「あの時こうすればよかった…」と落ち込まないためにも、
まずは冷静になって、浮気問題が発覚した時のゴール地点を決めておきましょう。

■きっぱりと離婚する!

浮気しているとわかったら、きっぱりと離婚すると決めている人もいるでしょう。
一番信頼していた相手だからこそ、許すなんてことはできないと思うのは当然のことです。

離婚するとはっきり決めている人は、やることは簡単です。
調査から離婚まで、すべてプロに任せてしまうことが一番。

浮気調査は失敗してしまうと重大な証拠を逃したり、離婚前にゴタゴタしてしまうことがほとんどです。
自分の力では調査は限界があるので、まずは探偵などの力を借りて、十分な証拠を集めましょう。

そして離婚もプロに任せるのが一番。
弁護士などを雇って、できるだけ有利な離婚をすることで、
新しい人生も大きく変わってきます。

特に子供がいる家庭では、親権問題も出てくるので、
できれば弁護士に介入してもらって解決することがお勧めです。

■浮気は許せないけど離婚はしたくない

浮気していることは許せないけれど、離婚はしたくないと考える人も多いですよね。
女性の場合では今後の生活費や子供の養育に関する不安が残りますし、
男性の場合では親権問題や世間体なども関係してきます。

そんな時はどうやって離婚を防ぐかという事も考えなければなりません。

もし相手の浮気を疑って色々と調べていることが相手にばれてしまうと、
相手も不信感や嫌悪感を抱いてしまう場合があります。

そして何よりも、自分自身が許せるのかどうかという問題もあります。
浮気して自分を裏切った相手と、再び同じように仲良くしていくことができるのか…。

これは個人の感情の問題なので、正解というものがありませんが、
実際に浮気されても離婚しなかった夫婦間で行われた方法をご紹介します。

○誓約書・決意書などを作る

浮気発覚後、もう二度と浮気を繰り返さないために、
こういった書類を作成しておく夫婦は多いようです。

今後一切浮気はしないという誓いと共に、
万が一もう一度浮気した場合どうするかなど、細かく書きこんでおきます。

さらに常に目につく場所に保管しておくことで、
浮気してしまった罪悪感と、今後の抑止力を与えることができます。

○一週間単位で別居する

浮気されて謝られたとしても、すぐに許せるという人は少ないですよね。
離婚しないと決めたけれど、なんとなく夫婦間がギクシャクしてしまうという事も少なくありません。

離婚しないと決めたのに、夫婦間にどんどん溝が広がっていくのは、
なんとも悲しい現実ですよね。

そうならないために、いったん距離を置く夫婦もいるようです。

長期間の別居にしてしまうと、そのまま溝が埋まらなくなってしまう可能性もあるので、
とりあえず一週間のスパンで別居を始めてみます。

一週間という短い期間でも、お互いに気持ちの整理をつけることができるので
元の関係に戻りやすい環境を作ることができます。

■どちらにせよ生活の変化は覚悟して

離婚というゴールか、離婚しないというゴール、
どちらを選んだとしても、一つだけ覚悟しておかなければならないことがあります。

それは生活に変化が訪れるという事。
離婚すれば生活に変化がある事は言うまでもありませんが、
離婚しないと決めた夫婦でも、必ずと言っていいほど変化があります。

特に裏切られたショックや、疑われたショックで、
今迄みたいにお互いを信用でき無くなってしまったというケースが多くあります。

逆にお互いすべてさらけ出して本音で語り合ったことで、
夫婦の問題が解決していい方向に進む場合もあります。

どちらにせよ今までと全く同じ生活が続いていくという事は、ほとんどありません。
それを踏まえたうえで浮気発覚後のゴール地点を決めていきましょう。

ページの先頭へ戻る