必ずプロの探偵を使って有利な証拠を押さえておくこと

浮気されているとわかったら、どうしても夫婦として続けていくのはムリ…
そう考える人も少なくありません。

確かに信じていた人に裏切られた事実は、いつまでも消えることはなく、
このまま今までの関係を維持していくことは難しいことです。
浮気がわかった瞬間に離婚を視野に入れるのは当然の判断なのです。

ただし、注意したいのは絶対に感情的になってはいけないという事。
あくまで冷静に、有利な離婚を目指しましょう。

■証拠集めは徹底的に

浮気しているのがわかったら、すぐにでも相手を追及して早く縁を切りたい!
そう思うのは当然のことですが、証拠が不十分なまま追及してしまうと、
有利な条件での離婚ができなくなってしまいます。

特に子供がいる家庭や、専業主婦という場合は、
有利に離婚を進めることで、離婚後の生活が大きく変わってきます。
相手を追求するよりも前に、確実に証拠が集まっているかを確認していきましょう。

■自分で集めた証拠では足りないことも!

浮気の証拠を自分自身で集めることは決して悪い事ではありません。
でも素人ができる調査にはどうしても限界があります。

自分で証拠を集めることで、どんなデメリットがあるのか、
まずはそれを見ていきましょう。

○証拠が不十分

離婚で有利になるためには、思っているよりもかなり確実な証拠が必要です。
たとえば明らかに浮気をしている内容のメールを入手したとしても、
実際に合っていた証拠、実際に不貞行為を働いていた証拠が無ければ立証は難しくなります。

自分で集められる証拠にはどうしても限界があるので、
実際に裁判等になった際、証拠不十分で全く効力がない可能性があります。

○高度な技術が無い

自分で浮気調査をしようと思ったとき、経験も知識も豊富でバッチリという人はいませんよね。
たいていは初めてだったり、経験があったとしても、何度もあるわけではありません。
その分、どうしても技術が低くなってしまいます。

たとえばせっかく証拠写真を撮っても、ぼやけてしまってよく見えなかったり、
尾行していたら相手に気付かれてしまったりなど、失敗が多くなってしまいます。

絶対に避けたいのは、相手に調査していることがばれてしまう事。
経験の浅い素人では、これができずに決定的な証拠を隠滅させられてしまう事も少なくありません。

○長時間の監視ができない

自分で調査しようと思っても、自分自身の生活もあります。
女性であれば家事や育児、仕事もあるでしょうし、
男性は仕事で毎日忙しくしています。

そんな中で調査しようと思っても、長時間張り込むわけにもいかず、
結局証拠を逃してしまうことが多くなってしまいます。

■プロに頼むとなぜいいの?

浮気調査は、探偵事務所などのプロに頼むことで、より確実な証拠集めができます。
でも高いお金を払ってまで、プロに頼むメリットは何なのでしょうか。

○確実な浮気の内容を把握できる

素人が浮気調査をしていて発覚した浮気は、氷山の一角に過ぎないという事が良くあります。

実は相手は一人ではなく、複数の浮気相手がいたり、
一度限りの関係と思っていたら、何度も関係があった…
なんてことは日常茶飯事です。

プロに浮気の調査を依頼することで、こういった浮気の全貌を探ることができます。

○離婚を認める証拠を集められる

浮気した本人は、浮気を認めることで自分に不利になってしまうので、
できるだけ浮気を認めようとしない場合が多くあります。

そんなとき、プロが集めた確実な証拠を突きつけられれば、
相手も認めざるを得ませんよね。

不貞行為の有無は、慰謝料が発生するかしないかの大きな分かれ道。
相手に逃げ道を作らないように、徹底的な証拠集めができます。

○慰謝料額のアップにつながる

浮気をされて離婚する場合、慰謝料が発生しますよね。
この慰謝料は、浮気の内容によっても大きく左右します。

たとえば行き当たりばったりの一度だけの浮気と、
何年にもわたって愛人関係にあるのとでは、精神的ショックは全く違いますよね。
それと同時に慰謝料の額も変わってきます。

プロに浮気調査を依頼することにより、どの程度の浮気であったかが明確になり、
状況によっては慰謝料のアップにつながっていくのです。

■話し合いもスムーズに

浮気発覚から離婚まで、当事者だけで行う事はとても大変です。
浮気した・していないの押し問答から始まって、
離婚する・離婚しない、慰謝料を払う・払わない…

とにかく何枚も分厚い壁が待ち受けているのです。
気が付けば、浮気された上に悪者にされて、
身も心もボロボロ…なんてことも。

でも相手も認めざるを得ない証拠が確実にそろっていれば、
無駄な押し問答もなく話し合いもスムーズに進んでいきます。

浮気されて離婚すると決めたのなら、
まずはプロに証拠集めを依頼することから始めてみましょう。

ページの先頭へ戻る