離婚できるケースとできないケースについて

パートナーが浮気をしているので離婚をしたいと決断したとしても、
場合によっては離婚ができないケースがあります。

浮気は民法では不貞行為と呼ばれ、基準がきちんと定められています。
その基準を満たしていない場合、離婚できないという事にもなりかねないのです。

一大決心をしたのに離婚ができない…
そんなトラブルを起こさないためにも、
まずは離婚できるケースとできないケースをきちんと把握しておきましょう。

離婚できるケースとできないケースの違いは?

浮気で離婚できるかどうかというのは、民法の不貞行為の基準を満たしているかどうかで決まります。
不貞行為の基準を満たしていれば離婚は成立しますし、
満たしておらず、相手が拒否した場合は離婚はできないという事に繋がります。

民法で定められている不貞行為の基準はとても明確です。

「配偶者のある者が、自分の意志によって配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと」

これが民法の基準です。
つまり異性との肉体関係の有無が最も重要視されているという事ですね。

離婚できるケース

一言で不貞行為と言っても色々なケースがあります。
まずは離婚できるケースから見ていきましょう。

特定の異性と何度も肉体関係を持っている

一番ノーマルなケースがこのケースです。

特定の浮気相手と何度も肉体関係を繰り返している場合、
まぎれもなく不貞行為に値するため、離婚が成立します。

お金のための不貞行為

生活が苦しかったり、借金を背負っていたりなどの理由で、
不貞行為によってお金を稼ぐというケースがあります。

この場合、生活のために行った仕方のない事のように思えますが、
不貞行為のみがお金を稼ぐ唯一の手段ではないため離婚は成立します。

風俗による不貞行為

風俗店の利用は不貞行為には認められないことが多いのですが、
場合によっては不貞行為とみなされるケースもあります。

たとえば毎回特定の女性を指定して、サービス以上の肉体関係を持っていたり、
風俗店以外でも肉体関係を持っているなどのケースでは離婚が成立します。

また不貞行為という理由では離婚が認められなかったとしても、
風俗通いが激しく、金銭的な問題や精神的な問題が生じている場合は離婚が成立します。

浮気を許した場合

一度浮気を許したとしても、生活を送っていく中でやはり無理だったと感じることもあります。
こういった場合でも離婚を請求することは可能です。

時間は経っていてもパートナーの不貞行為によって、婚姻関係が悪化していると見なされます。

離婚できないケース

逆に浮気されているのに離婚できないケースとはどのようなケースでしょうか。
これは不貞行為という基準だけでなく、その他のいろいろな要因が絡んできます。

一度限りの浮気

不貞行為は基本的に肉体関係があれば認められますが、
一度限りで終わっている場合は不貞行為とみなされない場合も多くなります。

一度の過ちであれば、夫婦関係を修復することができると考えられたり、
精神的なダメージが小さいと考えられるからです。

また一度の浮気を立証することは難しく、離婚が成立しないケースが多くなります。

もともと婚姻関係が破たんしている場合

不貞行為を働いていたとしても、もともと夫婦仲が冷め切っている場合は不貞行為と認められません。

たとえば別居していたり、同じ家にいても家庭内別居状態であったりなど、
もともと婚姻関係が破たんしている状態での不貞行為であれば、
一方的に離婚を申し立てることはできません。

肉体関係が無い浮気

浮気は浮気でも肉体関係が無ければ不貞行為とは認められません。
たとえば食事をしただけ、遊園地でデートをしただけなどのケースでは
民法の不貞行為には当たらず、離婚は成立しません。

強姦された場合

自分の意志とは関係なく、無理やり肉体関係を強要された場合は、
当然ですが不貞行為には当たりません。

ですから妻が強姦されたことで離婚を申し立てるという事は認められないのです。
ただし、夫が他の女性を強姦をした場合は、自分の意志で行っているので不貞行為と認められます。

証拠集めはプロに任せよう

浮気にも色々なケースがあり、離婚できる場合とできない場合に別れていますが、
離婚できるケースでも証拠が無ければ意味がありません。
確実な離婚のためには証拠集めは最も重要なのです。

不貞行為を立証するためには、色々な証拠が必要です。
これを一人で集めることはとても難しく、
自分では十分だと思っていても、いざ裁判になったら証拠不十分だったという事もありえます。

スムーズに離婚していくためにも、ここは探偵などのプロに任せておきましょう。

ページの先頭へ戻る