慰謝料よりも財産分与をどうするかが重要

浮気されたことが原因で離婚するときに発生するお金の問題で、最初に浮かぶのは慰謝料についてですよね。
当然、精神的なダメージを受けた分、きっちり請求するのは当然の権利です。

でも実はそれ以上に重要なお金の問題として、財産分与があるのをご存知でしょうか。
ほとんどの場合で慰謝料の金額よりも財産分与で得られる金額の方がはるかに大きいのです。

ところが財産分与は確実に請求しなければ、支払ってもらえません。
財産分与のことを考えずに、慰謝料にばかり目を向けていると、
結果的にもらえるはずのお金がもらえなかったりという事もあるので要注意です。

■財産分与とは…

財産分与には、清算的財産分与・扶養的財産分与・慰謝料的財産分与の3つがあります。
まずはそれぞれの概要を見ていきましょう。

○清算的財産分与

財産分与の主格となるものです。
これは結婚後、夫婦間で協力して築いた財産を、それぞれ平等に分けるというもの。
離婚の原因に関係なく平等に分けられるので、浮気した側、された側関係なく分けることになります。

○扶養的財産分与

これは離婚後、病気・高齢・専業主婦など、様々な要因で生活が困難な場合に、
補助するという名目で財産を分与することです。
財産を分与すると言っても、一般的に定期的に一定の額を支払っていくという方法で与えられます。

○慰謝料的財産分与

本来慰謝料と財産分与とは全くの別物なので、別々で請求されるべきものなのですが
それらを区別せずにまとめて請求する場合、慰謝料的財産分与と呼ばれます。
この場合は慰謝料も含む財産分与という事になるので、別で慰謝料を請求することはできません。

■財産分与をきっちりともらうために

今回取り上げていくのは、清算的財産分与についてです。
清算的財産分与で失敗してしまうのは、知識がないために起こります。
きっちりと財産を分けていくために、正しい知識を身に付けていきましょう。

○財産分与の対象となるものを知っておこう

財産分与というと、預金や不動産、自動車などを想像する人が多いと思います。
もちろん、これらは当然財産分与の中に含まれます。
(ただし婚姻前から所有していたものは除く)

でもこれ以外にもたくさんの財産が眠っているんですよ。
たとえばベッドやタンスなどの家具、テレビや冷蔵庫などの家電なども財産分与の対象となりますし、
生命保険の解約金や学資保険、株価などの有価証券も忘れてはいけません。

また多くの人が見落としがちなのが年金や退職金。
熟年離婚の場合は、この二つもきちんとチェックしておきましょう。

ただし個人の趣味や趣向で購入したものは共有の財産として認められません。
個人的の使用目的のために購入したパソコンや、ブランド品、宝石などがこれに当たります。

○マイナスの財産分与に注意!

財産を分け合うという事は、当然のことながら負債も分け合う必要があります。
もちろん、ギャンブルや女遊びなど、個人的な理由で作られた夫妻は対象外ですが、
住宅ローンや自動車のローン、生活のためにできた負債などは財産分与の対象となります。

たとえば不動産を売却して分ける場合、売却した金額からローンの残高を引いて、
残った金額を分けるという形になります。

もしも売却金額よりもローンの残高の方が上回っている場合、
他の財産からその分を清算する必要があり、財産分与の金額は減ってしまいます。

このようにマイナスの財産分与が生じてしまう場合、
離婚後の生活水準によっては、かなり苦しくなってしまう場合があります。
何でもかんでも分け合うのではなく、負債の大きい物は相手に譲るというのも有効的な手段です。

○財産分与が請求できる期間を知っておこう

ほとんどの場合、離婚と同時に財産分与を始めます。
でも浮気されて離婚した場合、ついお金よりも別れたい一心になってしまう事もありますよね。
きちんと財産分与の請求もせずに終わってしまったという人も多いでしょう。

離婚して時間が経ってしまうと、もう財産分与が請求できないと諦めてしまうかもしれませんが、
実は離婚後2年間は、財産分与の請求が可能です。

離婚当時は感情的になって、何もせずに別れてしまった人でも、
2年以内であれば請求しなおすことができるので、あきらめずに請求していきましょう。

■有利な財産分与はプロに任せて

どれだけ財産分与に関しての知識を詰め込んでも、
所詮は付け焼刃なので完璧とは言えません。

うっかり見落として大損…
なんてことも考えられるので、有利に財産分与したいのならプロに任せるのが一番。
離婚問題に長けている弁護士を探して、お任せしてしまいましょう。

また、浮気調査の段階で探偵に依頼している場合は、
探偵事務所で財産分与に強い弁護士を斡旋してくれるところもあります。
自分で弁護士を探す手間もかからなくて、とても便利ですね。

さらに弁護士のもとに同席して、詳しい説明のフォローをしてくれるという
嬉しいサービスもあったりするので、色々活用して有利な財産分与を目指していきましょう。

ページの先頭へ戻る