浮気に対する慰謝料請求はどうすればいいの?

浮気は慰謝料が発生するということは、一般的によく知られていますが、
詳しい内容を知っている人は少ないでしょう。
ここでは浮気に対する慰謝料請求についての知識をご紹介します。

パートナーへの慰謝料請求

浮気に対する慰謝料として、まず最初に浮かぶのがパートナーへの慰謝料請求です。
これは配偶者がいながら異性と肉体関係を結んだことで受けた、
精神的な苦痛を慰謝料として請求できるというもの。

正しい知識を身に着けて、傷つけられた代償はきっちりと払ってもらいましょう。

パートナーへの慰謝料の金額は?

慰謝料請求するとなると、気になるのはやはり金額ですよね。
実は浮気の慰謝料には、明確に決まった金額がありません。
それは、色々な事情で金額が大きく変わってくるからです。

慰謝料が増額される要因には次のようなものがあります。

・浮気が長期にわたっている
・以前にも浮気をしていて、二度としないと誓ったのに再発した場合
・浮気相手が複数人いる
・浮気相手が妊娠した、又は浮気相手の子供を妊娠した

また逆に減額される要因もあります。

・夫婦生活を拒んでいた
・自分自身も浮気をしている
・浮気を知っていながら長年放置していた

これらの要因にプラスして、「婚姻年数」「子供の有無」「請求相手の経済状況」
などの条件が加わり、慰謝料請求の金額が決定します。
過去の判例を見てみると、100万円から300万円という金額で落ち着く場合が多いようです。

パートナーへの慰謝料請求の時期

パートナーへの慰謝料請求は、一般的に離婚請求と同時に行います。
離婚請求をする際にも、浮気の証拠を集めたり弁護士を利用したりするため、
同じように慰謝料の請求も行いやすいのです。

ただ、浮気されて相当なショックを受けてしまい、
慰謝料なんてどうでもいいから、とにかく離婚だけしたいと思う人もいます。
この場合でも、後から慰謝料の請求をすることができます。

慰謝料請求には時効が定められており、浮気の発覚から3年間の間であれば
離婚後でも慰謝料請求ができることになっています。

また3年を過ぎたのちでも、パートナーに支払う意思があれば、
何時でも慰謝料を受け取ることができます。

ただ、離婚から月日が経ってから請求すると、パートナーの反省も薄れてしまっているため、
なかなか話し合いがまとまらないなどのトラブルもあります。
できるだけ離婚と同時に請求するのが望ましいですね。

浮気相手への慰謝料請求

離婚する、しないにかかわらず、請求できるのは浮気相手への慰謝料。
既婚者と知りながら肉体関係を持つことは、
貞操権の侵害として慰謝料を請求することができるのです。

浮気相手への慰謝料の金額は?

浮気相手への慰謝料の金額は、パートナーへの慰謝料よりも幅が広くなります。
それは浮気相手の状況が、ケースによって全く違うことが関係しています。

たとえば20代のフリーター女性が浮気相手だった場合と、
40代の実業家男性が浮気相手だった場合とでは、経済状況が全く違いますよね。

また浮気の主導権も金額に影響します。
たとえば会社の上司と部下という関係で、浮気相手のほうが立場が低くて断りづらい場合や、
逆に浮気相手が上司という立場を利用して関係を強要していた場合など、
どちらが浮気の主導権を握っていたのかも関係するのです。

さらには慰謝料請求自体できないこともあります。
既婚者と知らずに交際していた場合や、風俗店の従業員という立場の場合など
浮気相手に過失がないと思われる場合は、慰謝料が発生しません。

これらの要因に、先ほどの関係の長さや回数などが加算され、金額が決定します。
過去の判例を見てみると、0円から300万円という金額が一番多いようです。

浮気相手への慰謝料請求の時期

浮気相手への慰謝料請求も、パートナーの時と同様に時効が3年と定められています。
ですから発覚してから3年以内であれば請求することができるのですが、
こちらもできるだけ早く請求することが望ましくなります。

たとえば離婚せずに浮気相手だけに慰謝料請求する場合、
できるだけ早く請求しておくことで、浮気の再発防止につながります。

また離婚すると決まった場合でも、パートナーへの慰謝料請求と同時に進めることで
色々な手間が省けるので、簡単に済ますことができます。

浮気相手については、パートナー以上に反省の気持ちは薄れます。
数年たって請求することで、トラブルに発展するおそれもありますよね。
特にパートナーとの関係が終わっていれば尚更です。
こちらもできるだけ早く請求をしておきたいですね。

弁護士に頼めば楽に解決!

パートナーや浮気相手に慰謝料を請求するためには、
書面で請求をしたり、直接交渉をしたりなどの方法があります。

もちろん、自分自身で行ってはいけないものではありませんので、
正式な書面を作成して内容証明通知を送って…と進めていくこともできます。

でも、浮気されて頭が混乱されている状況で、
この作業をまともに行うなんて至難の業ですよね。

そんな時は弁護士に任せて楽に解決していきましょう。
離婚を決めた時点で弁護士に依頼しておけば、
離婚の請求から慰謝料の請求、さらには親権や財産分与など
離婚にかかわるすべてのややこしい問題を解決してくれます。

ただでさえ気力と体力を必要とする離婚。
できるだけスマートに終わらせるためにも、弁護士は有効活用していきましょうね。

ページの先頭へ戻る