プロの浮気調査ってどんなことをするの?

もし探偵に浮気調査を依頼する場合、気になるのは調査内容ですよね。
実際にはどのような調査をして、どのような結果を出せるのか。
大金を払うだけの価値があるのかなど、気になるポイントはたくさんあります。

依頼する前に、まず探偵がどのような調査を行うのかを知っておきましょう。

探偵の調査ってどんな感じ?

探偵が行う調査は、実は依頼者によって違ってきます。
そのため、必ずこの調査を行うと断言できるものはありません。
ただしどのようなケースでも必要なのは性行為を立証できるもの。

性行為を立証するために必要なものは、
「実際に性行為している瞬間の映像」か、
「性行為をしていると考えられる映像」のどちらかです。

ただ、「実際に性行為をしている瞬間の映像」は、
対象者が車や野外で性行為を行わない限り不可能なため、
「性行為をしていると考えられる映像」を集めるのが一般的。

これを入手するために、探偵では以下のような調査をします。

身辺調査

まず最初に行うことは調査対象者の身辺調査。
どのような日常生活を送っているのか、勤務時間や友人関係など、
対象者の細かい情報を集めます。

そこから浮気が疑われる異性の知り合いを割り出したり、
浮気しているであろう時間帯や曜日などを特定し、
直接的な調査に踏み出すのです。

尾行

調査対象者がどこでどんな行動をしているのかを把握するためには、
対象者を追跡して監視するしかありません。

多くの探偵事務所では、2〜3人のスタッフを配備して、
定期的に交代しながら対象者を尾行します。

複数人を配備することで、よりばれにくい尾行が可能です。
また急なUターンや振り返りなどでも、不自然になることがなく、
対象者に気づかれずに尾行し続けることができます。

車での尾行も同様です。
2〜3台の車両を配備して対応してくれるので、
対象車を見逃したり、気づかれたりする心配は少なくなります。

張り込み

対象者が異性と建物内に入った際、どうしても出てくるまで待たなければなりません。
ホテルや自宅などに二人きりで入った場合、滞在時間は大きな決め手となります。

2〜3時間こもりきりであれば、不貞行為を働いていると予測されますが、
5分で出てきてしまえば、浮気の証拠にはなりません。

証拠を確実にするために、対象者が出てくるまで張り込んで調査を行うというのが一般的です。

写真・動画撮影

浮気の決定的な証拠となるのが、写真や動画などの映像です。
対象者が異性と不貞行為を働いていると立証するためには、こういった映像が欠かせません。

重要な証拠となるため、探偵事務所もとても気を使ってくれます。
不鮮明な映像にならないように最新機器を使用したり、
撮影日時がはっきりとわかるように、日時を特定できるものを映しこんだりなど、
念には念を入れた調査を行ってくれます。

最近では画像編集などで、簡単に証拠を偽造できてしまうため、
裁判での映像の証拠の基準がとても厳しくなっています。
探偵事務所では、その基準をきちんとクリアできるように撮影を行ってくれるのです。

素人では絶対に無理!

探偵なんて雇わなくても、自分で浮気調査すればいい!
そう考える人も少なくありません。

でも探偵と同じような調査を行うことは、素人には絶対に無理と断言できます。

運よく見つからずに尾行はできるかもしれません。
時間さえあれば張り込みもできるかもしれません。

でも、素人が撮影した画質の悪い映像では、対象者が異性といたという証拠にはならなかったり、
撮影日時が特定できずに、不貞行為を立証できなかったりなど、
あと一歩のところで届かないという人ばかりなのです。

浮気調査は何よりも、知識と経験がものを言います。
にわか知識で調査をして、大切な証拠を無駄にしないためにも、
探偵に調査を任せるようにしましょう。

ページの先頭へ戻る