浮気の立証に必要な証拠ってどんなもの?

浮気には証拠集めが重要!
と言いますが、実際にどの程度の証拠が必要なのかという事は意外に知られていません。

そもそも浮気をしている証拠とは、いったいどのような証拠なのでしょうか。
まずは浮気を立証するために必要とされている証拠について知っていきましょう。

浮気を立証することは難しいこと

浮気というのは民法で言う不貞行為に当たることを指し、
民法での不貞行為とは、配偶者以外の異性と肉体関係にある場合を言います。

でも肉体関係を立証するという事は簡単なことではありません。
たとえ二人きりで会っていたとしても、肉体関係があるかどうかはハッキリとしない部分もあるからです。

つまり浮気を立証するという事はとても難しいことだという事がわかりますよね。

浮気を立証するために必要な証拠

では実際に浮気を立証するためには、どのような証拠が必要なのでしょうか。
通話履歴やメール履歴だけでは、実際に肉体関係にあるかどうかは判断できません。
浮気の立証には、肉体関係があったと判断できるだけの証拠が必要なのです。

ラブホテルに出入りしている写真やビデオ

一番決定的な証拠にもなるのが、ラブホテルに出入りしている証拠画像です。
ラブホテルに入るという事は、自ずと肉体関係を意味しているため、
言い逃れのできない証拠となります。

ただし、この場合はハッキリと本人かどうかが確認できる映像である事、
異性と一緒に出入りしていることが見て取れるものが必須条件です。

ピンボケしている写真や、画質が悪くて曖昧な判断しかできない場合は証拠として認められません。

その他のホテルや自宅などに出入りしている写真やビデオ

ラブホテルではなくビジネスホテルや観光ホテルだった場合でも、
二人きりで数時間滞在していたという証拠画像があれば肉体関係があったと認められます。

また、誰もいない自宅に二人きりで出入りしたり、
浮気相手の自宅に出入りしている画像も、肉体関係の証拠になります。

どのような建物であったとしても、男女が同じ部屋に数時間滞在していたとなると、
肉体関係を持っていたと判断されます。

ただしこの場合は、数時間滞在したという事を証明しなければなりません。
そのためには、入った時間と出た時間がわかるような証拠が必要です。
また、二人きりで入ったとしても、数分で出てきた場合は肉体関係があったとは認められません。

メールのやり取り

メールの内容は、待ち合わせのやり取りや、
日常的な会話などに使われるだけなので、肉体関係を立証する証拠になることはほとんどありません。

ただし、どう見ても肉体関係を示唆する内容が見つかった場合は
証拠として認められることもあります。

たとえば「今日のHは最高だったね」という文面や、
「またHしようね」といった文面は、肉体関係があったことを示唆します。
証拠能力としては弱いですが、証拠として認められることもあります。

ただし、「愛してる」「会いたい」などの文面は、
肉体関係を示唆する内容ではないので、証拠にはなりません。

浮気の立証を補佐してくれる証拠

色々な証拠の中には浮気の立証を補佐してくれる証拠もあります。
これだけでは浮気を立証することはできませんが、
他の証拠と合わせることで、証拠の信ぴょう性を高めてくれます。

ホテルの領収書

ホテルの領収書は、証拠写真などを併せて提出することで、
肉体関係を裏付ける手助けをしてくれます。

たとえばラブホテルに入っていく写真が一枚しかなかったとしても、
ラブホテルの領収書が何枚もあれば、繰り返し不貞行為を働いていたという証拠になります。

また領収書だけでなく、クレジットの明細などでも同様の証拠になります。

手紙や贈り物

浮気相手からの手紙や贈り物は、直接肉体関係と結びつく証拠ではありませんが、
これらがある事で、二人が親密であったという証拠にはなります。

この手紙や贈り物が多ければ多いほど、交際期間が長いと判断され、
長い年月にわたり何度も不貞行為を働いていたという可能性を示唆できます。

第3者の証言

友人や家族などの証言も、時として重要な証拠となります。
特に友人には浮気について詳しく話している場合が多く、
その証言は浮気の期間や回数、肉体関係の有無などの証拠になる場合があります。

証拠は厳しく審査される

浮気を理由に離婚する場合、慰謝料の問題にもつながります。
中には不貞行為をでっち上げ、慰謝料を取ろうとする詐欺まがいの事件もあるため、
浮気の証拠はとても厳しく審査されます。

デジカメで撮影した写真や動画は、ねつ造の可能性も示唆されたり、
写りの悪い写真は証拠として認められなかったりなど、
浮気の立証はとても難しい問題です。

自分だけで集めた証拠では、認められないケースも多いので、
探偵に任せて確実な証拠を集めてもらうのが得策です。

ページの先頭へ戻る