勝手に家を出ていくのは絶対にNG!

浮気されても離婚するつもりはないという人の中にも、
すぐに許すことができるという人はさほど多くないと思います。
むしろ少し冷静さを取り戻すために、パートナーと距離を置きたいと思う人も多いでしょう。

でも、勝手に家を出て行ってしまうのは絶対にNGです。
パートナーに何の相談もなく家を出ることで、のちに大きなトラブルを招きかねないのです。

家を出ることで考えられるトラブルとは?

パートナーに相談もなく家を出てしまうことは、色々なトラブルの原因となります。
相手との関係を修復するために距離を置こうと思ったのに、
逆に離婚に発展してしまうケースもありますので、要注意です。

不信感につながる

たとえパートナーが浮気したことが原因だとしても、
パートナーに相談もなく家を出てしまえば、パートナーに不信感を抱かせてしまいます。

出ていった先が実家や友人宅など、明確にわかっているのならまだしも、
どこに行ったのかわからないという状況になってしまえば、
腹いせに浮気していると考えられても仕方がありませんよね。

本当に距離を置きたいと思うのなら、必ず夫婦でよく相談して
双方が納得のうえで家を出るようにしましょう。

夫婦の溝が広がってしまう

相手の過ちを許すために家を出たはずなのに、
逆に相手への不信感が強くなってしまうことも考えられます。

自分が家を出ている間に、また浮気を繰り返しているのではないか、
自分が家を出たことでホッとしているのではないかなど、
色々な妄想が頭をよぎり、結果的に夫婦の溝を深めてしまいます。

関係を修復したいのなら、問題から逃げるのではなく
辛くても問題と向き合っていく姿勢が大切です。

離婚を言い渡されてしまう

勝手に家を出て行ってしまうことは、民法で言う「悪意の遺棄」に相当する場合があります。
悪意の遺棄とは、民法で離婚原因の一つと認められている事項で、
夫婦関係を故意に放棄するという意味です。

たとえ浮気が原因だったとしても、何も告げずに突然いなくなってしまっては
夫婦関係を放棄したと受け取られても無理はないのです。

最悪の場合、浮気した本人から離婚を言い渡されるだけでなく、
慰謝料の請求までされてしまうこともあります。

特に子供がいる場合、子供を連れて出て行ってしまうという人も多く、
子供に会えなかった精神的ストレスに対する慰謝料なども加算されてしまいます。

冷静になりたいときは…

パートナーの浮気で頭に血が上ってしまえば、冷静な話し合いはとてもできません。
どうしても少し距離を置いて冷静になる時間がほしいと思いますよね。

そんな時は、必ず「どこに」「いつまで」行くのかを明確にしておくこと、
さらに連絡したいときはすぐに連絡できるようにしておくことなど、
最低限のルールを守って距離を置くようにしましょう。

また、冷却期間はできるだけ短くすることも大切です。
長時間離れてしまうと、また修復するのが難しくなってしまいます。
長くても1週間程度で気持ちの整理をして、関係修復に臨んでいきましょうね。

ページの先頭へ戻る