浮気の証拠をちゃんと押さえてから話を進めること

浮気が発覚した後、関係を修復させるという事はとてもデリケートな問題です。
少しでも間違った方法を取ってしまうと、修復どころか離婚に発展してしまう場合もあります。
ちょっとした判断ミスで、関係を台無しにしないためには、どのようにすればいいのでしょうか。

■まずは確実な証拠集め

浮気発覚後に関係を修復したいという時、まず大切なのは相手に浮気をきちんと認めさせること。
曖昧な状況では相手も認めてくれません。

そのために大切なのは、相手が否定できないような確実な証拠集め。
言い逃れのできない状況を作り上げておきましょう。

○電話やメールは証拠不十分

浮気を調査する第一歩ともいえるのが携帯チェックですよね。
隙をついて通話記録やメールの記録をチェックするのは、
自力でもできて手軽に取り掛かれます。

でも通話やメールの証拠だけでは浮気を認めさせるためには十分とは言えません。
たとえば毎日のように通話している記録があったとしても、
友達と言われてしまえば、それで終了です。

通話記録やメール記録を見つけたとしても、
それだけで追求することはやめておきましょう。

○盗聴や盗撮は法律違反

鞄に盗聴器を仕掛けたり、自宅に隠しカメラを仕掛けておけば、
手っ取り早く浮気の証拠を手にできると考えがちですよね。

でもこれは完全な法律違反。
相手を追求する前に、自分が追及されてしまうかもしれません。

さらにプライベートを監視された不信感は、なかなか拭い去ることができません。
こちらが関係を修復する気があったとしても、
相手に不信感を抱かれてしまっては意味がありませんよね。

できるだけ正攻法で浮気を暴いていくように心がけましょう。

○プロに依頼するのも一つの手

証拠集めのためには、時には人の手を借りることをお勧めします。
冷静な判断ができない当事者とは違い、第三者は冷静な証拠集めをすることができます。

また確実な証拠を集めるために、プロに依頼するのも一つの手です
自分では調査しきれない部分までしっかりと調査してくれるので、
より確実な証拠を手に入れることができます。

■証拠がそろっていないのに話を進めると…

浮気をしていると確信していても、浮気の証拠をしっかりと握っていなければ、
話し合いはうまく進んでいきません。

なぜ話し合いがうまく進んでいかないのか、その理由を見ていきましょう。

○浮気を否定される

確実な証拠が無ければ、相手は何とか言い逃れようとします。
その結果、浮気を認めてもらえずに、浮気はしていなかったという事で話が終わってしまいます。

浮気を否定されてしまっては、今後の具体的な話し合いもできず、
腑に落ちないまま生活を送ることになってしまうので要注意です。

○浮気の証拠を消されてしまう

中途半端な証拠しかないのに相手を追及してしまうと、
確実な証拠を隠蔽されてしまう可能性が高くなります。

たとえば、携帯の通話履歴やメール履歴で浮気を追及してしまうことで、
肝心なツーショット画像を消されてしまったり、友人とアリバイ工作されてしまったりなど、
有利な証拠がなくなってしまうかもしれません。

確実な証拠を隠されてしまうと、その後プロがどれだけ調査しても意味が無くなってしまうので
中途半端な証拠で相手に提示してしまうのは厳禁です。

○反省しない

浮気が発覚しても元通りの生活を続けていきたいと言っても、
浮気をそのまま続けてもよいという事ではありませんよね。
浮気をされることなく、幸せな生活を送りたいという人がほとんどだと思います。

そのためには相手に反省させる必要があるのですが、
証拠不十分で話し合いをしてしまうと、
相手はその程度の証拠しか集められないんだと高をくくってしまいます。

その結果、反省することなく、今後は気を付けて浮気しようという悪循環に陥ってしまうのです。

このように浮気の証拠が十分でないことは、色々なトラブルの元。

離婚するわけではないから、そこまで徹底しなくても…
と甘い考えを持っていては、望んだ結果は生まれません。

相手に有無を言わせない確実な証拠を揃えて、
お互いに心機一転できるように心がけていきましょうね。

ページの先頭へ戻る