急に携帯電話(スマートフォン)のロックをかけるようになった

浮気をしている人に、決まって見られる兆候…
それは携帯電話(スマートフォン)の扱いが急に変わるという事です。

それもそのはず。
携帯電話の中には浮気の証拠が山ほど詰まっていますし、
いつ浮気相手から連絡が来るかもわからないですもんね。

■携帯電話の扱いで疑わしい変化

携帯電話の扱いについて、次の変化が現れた時は、浮気を疑ってもいいでしょう。

○携帯電話をロックしている

一番多いのは、突然ロックするようになったという変化。
今まではオープン状態だったのが、急にロックするという事は
見られたくない情報が入っている証拠です。

また、カモフラージュとしてホーム画面はロックしないで、
ラインやカカオトークなどのアプリだけをロックしているという場合もあります。

携帯をロックされているかチェックする場合は、
こういったコミュニケーションツールも確認してみましょう。

○携帯電話を肌身離さず持ち歩く

浮気相手からいつ連絡が来るかわからない状態では、その辺に放置しておくわけにもいきませんよね。
着信やメール受信相手の名前を見られてしまっては大変ですし、
万が一他の人が電話に出てしまったら大問題です。
そこで24時間肌身離さず持ち歩くという人が多くなるのです。

トイレや寝室はもちろんのこと、お風呂に入っている間も脱衣所に持っていくなど
異常なくらい手の届くところに置いておく場合は、かなり疑わしいと思ってもいいでしょう。

○携帯電話を一切触らない

逆に携帯電話を家庭内では一切触らないというのも妖しい行動の一つです。
着信がなっているのに無視したり、メールを受信しても見ないという場合は
家庭では見ることができない内容である可能性が高いのです。

自宅に帰ってくるとすぐに部屋の机などに携帯電話を隠してしまうなど、
異常なくらい携帯電話を遠ざけている場合も、浮気の兆候と考えられそうです。

■携帯電話の扱いがおかしいと感じたら…

携帯電話の扱いがどう考えてもおかしいと感じたら、
無理に確認することは絶対に避けましょう。

たとえばロックを解除しようとして思い当たる番号を入力してみたり、
こっそりとリダイヤルをしてみるなどの行動をとってしまうと、
どうしても調査している証拠が残ってしまいます。

ロックの解除は何回か失敗すると電話が一時的に使えない状態になってしまったり、
リダイヤルも履歴が残ってしまいますよね。

これらの証拠に相手が気づいてしまうと、浮気の証拠を消されてしまったり
こちらの行動に不信感を抱いて、夫婦関係が壊れてしまったりなど
悪い方向へと進んでしまうかもしれません。

携帯電話の扱いがおかしいと思ったら、
他の兆候を探したり、プロに調査を任せたりなど
冷静な判断を下していきましょう。

ページの先頭へ戻る