男と女では浮気の兆候がここまで違う!

浮気をする人には、いくつもの共通する傾向があります。
例えば「スマホを肌身離さず持っている」「残業が増えた」などがそれに当たります。
でも実はこういった傾向の中にも、男性と女性で異なる部分があるんです。

この差がわかっていないと、うまくごまかされてしまうこともあるので、
男女の傾向をしっかりと理解しておきましょうね。

男性特有の浮気の兆候

男性の浮気は、とにかくコソコソするのが特徴です。
少しでもやましいことが出てくると、ついつい態度に出てしまうのが男性なのです。
女性ほど上手にウソがつけないのが、男性の欠点とも言えますね。

また、女性の鋭さをわかっていない部分もあるので、
自分の中で「これを守ればバレない!」と勝手に決めてしまいがち。
明らかに怪しい行動でも、怪しまれていることに気づきません。

そして何よりも詰めが甘い!
こんなところはさすがに探らないだろうと甘く見てしまうので、
見られては困るものがポロっと見つかってしまいます。

この特徴を見ると、男性は浮気するのに適していないような気がしますよね。
それでも男性の浮気が成り立っているのは、女性が情に流されやすく信じやすい性格だから。
確実な証拠を見つけない限り、ついつい男性の言い分を信じてしまいます。
そのため、女性は「怪しい→追及→信じる」というパターンを繰り返してしまうんですね。

でもこのパターンを繰り返すと、女性の勘が鋭いことを相手に学ばせてしまい、
隠すのがうまくなってしまいますので、追及は慎重にしましょうね。

女性特有の浮気の兆候

女性は男性とは違い、ウソをつくのがとても上手なのが特徴です。
相手の目を見てサラリとウソを言ってのけるので、ウソとは気づかない場合が多くなってしまいます。

また大胆さを持ち合わせているのも大きな特徴で、
まさかこれほど大胆に浮気しているなんて…と周囲も驚かされてしまいます。
男性のようにコソコソすると、かえって怪しまれることをよく知っているからこそできる行動ですね。

ただ一つ、男性よりもわかりやすい点は、パートナーとのセックスを拒否しがちという点。
浮気相手との関係に満たされていると、夫婦間のセックスが面倒になってしまうのです。
「急にセックスを拒むようになった」「体に触れられることを極端に嫌がる」など
わかりやすい兆候が表れやすいのが女性の浮気なのです。

男性よりも女性は、自らの浮気を正当化しがち。
「浮気するのはパートナーのせい」「相手が強引に迫ってきたから仕方なく…」など、
自分には非がないと考えているのです。

女性に浮気を認めさせるためには、決定的な証拠が必要。
証拠がない限り、知らぬ存ぜぬで隠し通されてしまうことを覚悟しておきましょう。

ページの先頭へ戻る